「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群

graphic design / illustration

『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群を世界遺産登録に向け、地元の人々への関心を高める告知ポスターをデザインさせていただきました。一般の方の入島が禁止されているため表現方法に少し苦しみましたが、8世紀前半に成立した日本最古の歴史書である『古事記』『日本書紀』には、沖ノ島をはじめ信仰を守り続ける宗像大社には、沖津宮・中津宮・辺津宮に 宗像三女神を祀っていると記されており、宗像三女神によって今も自然や地域が見守られていることを線画のイラストを起用し、親しみある表現で展開しました。

credit

client / 「宗像・沖ノ島と関連遺産群」世界遺産推進会議
art director & design / 永野 研太(四次元ポケット)
illustration / 山田 萌生(四次元ポケット)
copy writer / 野村 真由美 (あっとりんく)

お仕事のご依頼・ご相談はコチラから